ブログBlog

腰痛にとって良いこと、良くないこと。

こんにちは、ココカラ整体施術院、長門です。

整形外科の先生もおっしゃっている、

〇腰痛にとって良いいこと、良くないこと

【良くないこと】

●安静療法・・・「えっ」と思われる方が多いのではないでしょうか?

急性腰痛に対しては、それなりの日常生活を維持した方が
ベッド上で安静にしているよりも痛みを軽減する。

●牽引療法・・・腰痛にはあまり効果がない。根拠なし。

【良いこと】

●温熱療法・・・温熱療法は急性、亜急性に対する腰痛には短期的に
有効である。内服薬よりも効果がある。

運動療法と併用すると痛み、機能改善を認める。

●コルセット・・・腰痛の改善には繋がらないが「動作」
対しては有効である。

●心理的行動アプローチ・・・小冊子などを用いた、腰痛に対する
恐怖心、思い込みなどの気づきは腰痛に対し有効である

小冊子は腰痛に関する知識、や信念を改善する効果がある。

●手術療法・・・椎間板変性がみられた症例に対し
手術患者では33%、保存療法では7%の腰痛
改善例がみられた。

●運動療法・・・慢性腰痛に対する運動療法には高い効果がある。
体幹筋肉強化、ストレッチを週1、2回程度。良好な結果が得られた。

参考にして頂ければ幸いです。

BACK TOP